★ 本ページにはプロモーションが含まれています!

サーキュレーターの使い方!冬の暖房の時に効果的に使う方法とは?

サーキュレーター

寒い冬にエアコンの暖房を使用している際、温度差に悩むことがあります。

このような場合、室内の空気を均一に保つためにサーキュレーターが役立ります。

 

サーキュレーターは、部屋内の空気を効果的に循環させ、快適な温度を維持するのに役立ちます。

ただし、部屋の形状やサイズによって最適な使い方が異なります。

 

でも、サーキュレーターを効果的に活用する方法を知らないと損ですよ!

そこで、冬の暖房時に効果的に使う方法を調べて見ました。

一部屋のみの場合や複数の部屋やロフトのある場合など、異なる状況に合わせてご紹介します。

サーキュレーターの使い方!冬の暖房時に部屋を暖かくするには?

冬にエアコンの暖房をつけているのに寒く感じる時がありませんか?

もし、室内の温度のムラによる寒さが原因の場合には、サーキュレーターを今く活用すれば解決します。

 

サーキュレーターを冬の暖房時に効果的に使うにはどのように活用すればいいのか気になります。

暖房しているのに部屋がなぜ寒く感じるのか、その原因から説明いたします。

暖房しているのに部屋が寒く感じるのは、なぜ?

冬に手っ取り早く暖めるのにエアコンの暖房をつけているのに中々暖まらない場合があります。

そのような場合には、原因があるんです。

 

その一つが、「部屋の温度のムラ」になります。

 

暖かい空気は天井付近にたまり、冷たい空気は床付近にたまるのが、空気の性質になります。

このような空気の層がお部屋にできると、なかなか暖房していても暖まりません。

効果的に使う方法には、お部屋の空気を攪拌(かくはん)すれば空気が循環されて暖かくなります。

サーキュレーターの役割は、なに?

お部屋の空気の温度差の「ムラ」を大きく改善するには、サーキュレーターが役立ちます。

サーキュレーターの特徴は、直線的な強い風が吹き出しますから、部屋の空気を攪拌させたり循環するのに大変役立ちます。

サーキュレーターを効果的に使うには、置き方や風の向きで効果が違うので、どこに置くかが重要になります。

サーキュレーターの暖房時に効果的な置き方は?

冬の暖房時にサーキュレーターを効果的に使うには、部屋のどこに置くのがベストなんでしょうか。

エアコンの暖房と併用しての使い方は、サーキュレーターを床に置いて天井に向けて送風するといいでしょう。

床にたまった冷たい空気を吸い込んで吹き出し、天井にたまった暖かい空気に混ざる事で温度のムラが少なくなります。

他にも、エアコンの送風口に向けて置くのもオススメです。

 

サーキュレーターの置く場所により、部屋の温度のムラの解決になりますよ♪

サーキュレーターの置き場所!暖房や冷房の置き方と位置や向きは?

 

 

サーキュレーターを冬の暖房の時に効果的に使う方法とは?

サーキュレーターを冬の暖房の時に効果的に使う方法は、室内の暖房効率を向上させ、快適な室内環境を維持するのに役立ちます。

以下は、サーキュレーターの効果的な使用方法の6つのポイントになります。

① 暖気の分散

サーキュレーターを部屋の中央に配置して、暖房の暖気を均等に分散させることができます。

これにより、室内の温度差を最小限に抑え、快適な温度を保つのに役立ちます。

② 天井に向けて運転

サーキュレーターを天井に向けて運転すると、暖気が天井に当たり、部屋中に循環しやすくなります。

暖気が上昇してしまうことを防ぎ、床から天井までの温度均等化を助けます。

③ 風量の調整

サーキュレーターの風量を調整して、室内の暖房とのバランスをとります。

暖気が強すぎると、室内が乾燥しやすくなるため、適度な風量を設定しましょう。

④ サーキュレーターを寝室に配置

寝室にサーキュレーターを配置すると、寝ている間に温かい空気を均等に循環させ、寝室内の温度を一定に保つのに役立ちます。

ただし、風が直接体に当たらないように配置し、静音モードを使用することを検討します。

⑤ 省エネルギー設定

サーキュレーターには省エネルギーモードやタイマー機能が付いていることがあります。

これらの機能を活用して、必要な時間帯にサーキュレーターを運転し、無駄な電力消費を抑えましょう。

⑥ フィルターのお手入れ

サーキュレーターにフィルターがある場合、定期的な清掃や交換を行い、効果的な動作を維持しましょう。

サーキュレーターは暖房システムの効果的な補完として利用でき、室内の温度均等化やエネルギー効率の向上に寄与します。

冬季の快適な室内環境を維持するために、適切な配置と設定を行なうと暖房の時に効果的に使うことが期待できます。

 

スポンサーリンク

サーキュレーターの使い方!冬の暖房時に隣の部屋も暖かくするには?

冬の暖房時に隣の部屋も暖かくするには?

エアコンが1台で、しかも二間が続いている時に隣の部屋まで暖めたい場合には、サーキュレーターをどこに置けば効果的に使えるのでしょうか。

冬は外気も冷えているので、暖房の場合には二間の境目あたりに置いてもなかなか空気が循環しにくいです。

そんな場合には、床に置いて天井に向けて送風するのが効果的です。

 

そうする事で、冷たい空気は床に溜まっていますから、冷たい空気を吸い込んで天井付近に向けると天井の暖かい空気と混ざり合います。

天井の暖まっている空気が自然に攪拌されて、部屋の下が暖まるんです。

このような空気の流れをサーキュレーターの風力が作るので、自然と部屋全体が暖まり、隣の部屋も暖まります。

サーキュレーターの使い方! 暖房時にロフトのある部屋の場合は?

「ロフト」って何?

辞書では、屋根裏部屋。倉庫などの上階。などと表現されていますが、同じ部屋に2階部分が設置されている事です。

 

部屋を増やしたい場合には、ロフトを利用すれば便利です。

ロフトは部屋の上部にあるために冬の暖房を使っている時は、暖かい空気がたまりやすく快適な空間となります。

しかし、この事でロフトより下の居住空間は暖房をつけていても冷たい空気が下に溜まりやすいために寒く感じる場合があります。

 

そこで、サーキュレーターを床に置いて、先ほどと同じように天井に向けて送風して暖かい空気を攪拌します。

 

もし、サーキュレーターがもう1台あれば、ロフトに置いて床に向けて送風すると空気の流れが作りやすくなります。

そうする事で、やがて部屋全体が暖かく快適な空間となるでしょう。
 

 

■ サーキュレーターに関連する記事

サーキュレーターの効果的な使い方!洗濯物を早く乾かす置き方や換気の仕方

サーキュレーターの置き場所!暖房や冷房の置き方と位置や向きは?

サーキュレーターと扇風機の違いって何?おすすめはどちらなの?

 

 

スポンサーリンク

まとめと感想

サーキュレーターの使い方で、冬にエアコンの暖房と併用して効果的な使い方を紹介いたしました。

他にも2つのポイントがあるので、ご案内いたします。

① 家具の配置やお部屋の広さ

② サーキュレーターの使い方と性能

これらの使い方により効果も変わってきますので、ご自分の部屋にあったエアコンやサーキュレーターを使うことが大事です。

例えば、12畳の大きな部屋に6畳用のクーラーでは効果も半減します。

 

また、それでも床が寒いと感じる場合には、ホットカーペットなどの併用すると暖まります。

ご自分のお部屋に合う、サーキュレーターの置き方や対策などを色々と試して、一番効果のある状態を見つけましょう。

 

お得な情報!ご存知?楽天カード作成で5,000円GET!

 

せっかくご訪問していただきましたので、あなたに耳寄りな情報のご紹介です。

 

楽天カードはお持ちですか?

 

今なら新規入会で5,000ポイントをもらえるキャンペーン開催中です♪

5000円の商品であれば実質無料になる、ポイントがGETできますよ!

 

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなどいろんな場所で使えます^^

また楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

 

楽天市場でお買い物をするなら必須とも言えるカードなので、ぜひ持っておきましょう!

>>> 楽天カードの新規作成はこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました