★ 本ページにはプロモーションが含まれています!

髪の毛の静電気は嫌い!原因は何?取り方や対策はどうすればいいの?

静電気

冬になると、髪の毛が静電気でバチバチと跳ねることがありませんか?

しかもスタイリングまとまらなくて難しいことがありますね。

 

特に、急いで家を出なければならない場合は、この問題で悩みます。

多くの人がこの静電気に対処したいと考えているでしょう。

 

そのため、以下のトピックについて調てみました。

・髪の毛の静電気の原因

・髪の毛の静電気の取り方や軽減方法

・髪の毛の静電気対策

など、静電気に対処するための情報を提供します。

髪の毛の静電気の原因

せっかくキレイにセットして、いざ出かけようとした時にセットが乱れる事がありませんか?

特に夏場よりも冬の方が静電気が発生しやすいようにも思えます。

髪の毛に発生する静電気の原因についてみてみましょう。

髪の毛の静電気の原因は何なの?

特に冬の季節に、髪の毛が静電気で悩まされる原因は何でしょうか?

その主要な原因は次の通りです。

・空気の乾燥

冬になると、湿度が低く空気が乾燥しているため、髪の毛に静電気が発生しやすく、さらにその静電気が放電しにくくなります。

夏の場合、湿度が高く、体が汗をかくため、静電気が自然に放電しやすく、発生しにくいのです。

水は簡単に電気を通すため、湿度が高い環境では静電気は自然に放電しやすくなります。

この空気の乾燥は、

髪の毛の水分量にも影響を与えます

 

通常、髪の毛は水分量が約12%と言われていますが、乾燥した空気の影響で髪の毛も乾燥しやすくなります。

この現象は、冬の肌が乾燥することと類似しており、理解しやすいでしょう。

 

乾燥した髪の毛をブラッシングすると、摩擦が発生し、静電気が発生します

水分量が低下した髪の毛はパサパサしており、静電気が発生しやすいだけでなく、枝毛や切れ毛の原因となる可能性もあります。

髪の毛の保護のためにも、慎重に注意が必要です。

髪の毛の静電気の取り方や軽減方法

髪の毛が既に静電気で広がっていて、ブラッシングでもうまくまとまらない場合はイライラします。

そんな時には、静電気を抑えたいと思うことでしょう。

そのために、髪の毛の静電気を取り除く方法についてご紹介します。

水で濡らしてみる方法

髪が静電気でひどい状態で、外出先で即座に対処する方法は、髪を水で湿らせることです。

これは一時しのぎの方法で、時間がない場合には静電気を防ぐためのおすすめの手段です。

 

ただし、髪が再び乾燥すると静電気が再発する可能性もあるんです。

髪が顔にまとわりつく可能性があるため、他の方法も検討してみる価値があります。

ハンドクリームをつけてみる方法

外出先などで水を利用する場所が手軽に利用できないとき、ハンドクリームが役立ちます。

ハンドクリームをバッグに持っている場合、それを手に取り、髪に軽く塗布するだけで、静電気が抑えられます。

冬季は乾燥しやすいため、ハンドクリームを常に携帯していると、急な状況にも対応できて安心です。

壁や地面を触ってみる方法

自身の体に蓄積した静電気を放電するためには、壁や地面に触れることが有効です。

室内の場合、手のひらを壁に2~3秒間触れてみてください。

木やコンクリートなどは電気を伝導するため、体に蓄積された電気を放出してくれます。

髪を握ってみる方法

水やハンドクリームが手元にない場合、困ることがありますよね。

その際、髪の束を握る方法を試してみてください。

髪の束をしっかりと握って静電気を放電させることができます。

 

ただし、静電気の強さには差があり、強い場合は効果が感じにくいこともあります。

髪の毛に限らず、体に蓄積された静電気を放電させる方法も試してみることをおすすめします。

髪の毛の静電気の取り方や軽減方法をご紹介しました。

しかし、それでも髪の毛の静電気が抜けない場合はひとまず髪をたばねて縛ってしまった方がよさそうですね。

冬場の静電気は人によっては毎日起きてしまいます。

しっかりと原因を調べて対策して快適な毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

髪の毛の静電気対策

では、髪の毛の静電気を防止する対策にはどんなことに気を付ければいいの?

髪の毛は乾燥すると静電気が起きやすくなります。

そこで、髪の毛の静電気の対策や防止方法について見てみましょう。

髪の毛の乾燥対策の方法は?

髪の毛を静電気の発生から守るには、一番いい方法は神を乾燥から守ることが大事になります。

髪の毛を乾燥から守るには?

① エアコンの風には直接あたらない

② シャンプーを使う場合には泡立てて使う

③ 濡れた髪はそのまま放置しない

④ ドライヤーを使用する場合には風を長時間あてない

①~④を説明するね♪

エアコンの風には直接あたらない

冬の時期ではエアコンの暖房を使うと言う方は多いかと思います。

エアコンの風を直接あたり続けると、髪の毛の乾燥を引き起こしやすいので注意しましょう。

シャンプーを使う場合には泡立てて使う

シャンプーを使う場合には、要注意です。

十分な泡立てをしないで洗髪すると髪の毛同士が擦れ合い、髪の毛のキューティクルがめくれて水分を失います。

洗髪する時にはしっかりと泡を立てて使いましょう。

濡れた髪はそのまま放置しない

洗髪したあとの濡れた髪の毛は、キューティクルがめくれやすい状態です。

濡れた髪の毛をそのまま自然乾燥するのはダメですから、タオルで水分を十分に吸収します。

ドライヤーを使用する場合には風を長時間あてない

ドライヤーを温風にして長時間あてるのは、髪の毛にもあまりいい影響を与えません。

手をドライヤーの吹き出し口に当てると分かりますが、かなりの熱風が出ています。

ドライヤーを使う場合は、髪から20cm程度離して一カ所に集中して熱風が当たらないようにしましょう。

小刻みにドライヤーを揺らしながら短時間で出来るだけ素早く乾かすようにします。

室内の乾燥対策の方法は?

髪の乾燥を防ぐためには、室内での乾燥対策も不可欠です。

室内の温度が下がると、空気中の水分が減少します。

 

このため、暖房を使用すると、空気中の湿度が低いままで温度だけが上昇し、相対的に湿度が下がってしまいます。

部屋の適切な湿度は通常、40%から60%の範囲にあります。

したがって、加湿器などを使用して湿度を調整することをお勧めします。

これにより、髪の毛の乾燥を軽減できます。

 

静電気の関連記事

静電気除去ブレスレットは効果がある?どっちにつける?仕組みやおすすめは?

 

スポンサーリンク

記事のあとがき

今日明日で簡単に髪の毛の静電気を改善できるということではないかもしれません。

しかし、日ごろから心がければ静電気のイヤなバチッから開放されます。

 

髪の毛の静電気の対策だけではなく、美しい髪の健康を維持するにはバランスのいい食事も大切です。

冬の時期は風邪も引きやすいので、注意しましょう。

 

お得な情報!ご存知?楽天カード作成で5,000円GET!

 

せっかくご訪問していただきましたので、あなたに耳寄りな情報のご紹介です。

 

楽天カードはお持ちですか?

 

今なら新規入会で5,000ポイントをもらえるキャンペーン開催中です♪

5000円の商品であれば実質無料になる、ポイントがGETできますよ!

 

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなどいろんな場所で使えます^^

また楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

 

楽天市場でお買い物をするなら必須とも言えるカードなので、ぜひ持っておきましょう!

>>> 楽天カードの新規作成はこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました