★ 本ページにはプロモーションが含まれています!

洗濯物を乾かす家電とは?エアコンと扇風機やサーキュレーターどっちがいい?

掃除

天気の悪い日には、洗濯物を乾かすのにどうしていますか?

洗濯物が乾かないのは辛いですよね!

 

冬場や雨の日は洗濯物を外に干せないので、室内で干すしかありません。

なかなか乾かないので、洗濯物が多いご家庭では困ります。

 

洗濯物を時間をかけないで、早く乾かしたい!

 

そのように思っていても、どうしたら良いのか悩みます。

 

自然乾燥は時間がかかるので、身近な家電を使ってみました。

扇風機とサーキュレーターどっちが洗濯物を早く乾かすのでしょうか?

 

そこで洗濯物を早く乾かすための家電や方法について考えてみました。

洗濯物を乾かす家電とは?エアコンの効果

洗濯物を乾かすのにエアコンの効果は?

室内に干した洗濯物をいち早くスムーズに早く乾かすには、気温や湿度を調整する必要があります。

そんな場合に便利なのはエアコンです。

エアコンの暖房

・冬には室内の温度設定を高くして部屋を暖めます。

エアコンの除湿

・梅雨時の室内の湿気を取り除き乾燥させます。

洗濯物を乾かす家電でエアコンの効果

エアコンは、室内の温度と湿度を制御する家電ですが、洗濯物を乾かすために使う場合、いくつかの利点や注意点があります。

エアコンを使って洗濯物を乾かす利点

① 乾燥効果

エアコンが室内の空気を除湿するため、洗濯物が乾きやすくなります。

特に湿度が高い季節や場所で役立ちます。

② 温度調整

エアコンは室温を調整できるため、洗濯物の乾燥速度をコントロールできます。

暖房モードで適度な温度を設定すると、洗濯物が速く乾くでしょう。

③ 屋内での利用

エアコンは室内で使用できるため、天候の影響を受けずに洗濯物を乾かせます。

④ エネルギー効率

一部のエアコンはエネルギー効率が高く、電気代を節約できる可能性があります。

エアコンを使って洗濯物を乾かす時の注意点

しかし、エアコンを洗濯物を乾かすために使用する際には以下の注意点に気をつける必要があります。

① 適切な設定

適切な温度と風量の設定を選び、過度に高い温度設定や風量を使用しないように注意してください。

過熱や乾燥しすぎは洗濯物にダメージを与えることがあります。

② 風通し

エアコンの風が均等に洗濯物に当たるように配置し、風通しを確保します。

③ 湿度管理

湿度が低い場合、エアコンの除湿機能を適切に使用して、湿度を調整します。

④ 時間の調整

洗濯物が十分に乾くまで時間をかけることが大切です。

急いで乾かしすぎると、洗濯物が縮んだり、繊維にダメージを与えたりすることがあります。

エアコンを洗濯物を乾かすために利用することは可能ですが、適切な設定と注意が必要です。

また、エアコンの使用が頻繁である場合、電気代に影響を及ぼす可能性があるため、エネルギー効率の高いモデルを選ぶことを検討する価値があります。

関連記事

エアコン暖房の乾燥の対策してる?効率的な使い方と7つ方法は?

 

洗濯物を乾かす家電とは?扇風機やサーキュレーターの効果

洗濯物を乾かすのに扇風機やサーキュレーターの効果は?

風で湿った部屋の空気を吹き飛ばして、空気を循環させるには下記の2点があればOKです。

■ 扇風機

■ サーキュレーター

お部屋の空気の循環させる家電はサーキュレーターが最適です。

しかし、サーキュレーターが家に無い場合には洗濯物を乾かすだけなので扇風機の対応でもできます。

 

どちらも周辺の物が飛び散らないように気を付けてから、洗濯物に風を送りましょう。

部屋に換気扇があれば合わせて使用すれば、室内にこもった湿った空気を屋外に出すことで乾燥がはやくなります。

 

関連記事

サーキュレーターと扇風機の違いって何?おすすめはどちらなの?

 

スポンサーリンク

洗濯物を乾かす家電とは?ドライヤーやアイロンは使える?

洗濯物を乾かすのにドライヤーやアイロンの効果は?

ドライヤーはどのように使うの?

ドライヤーの出番は、この1枚の洗濯物を素早く乾かしたい時に役立ちます。

私はドライヤーを使う場合は、綿のシャツなどを急いで乾かす時に利用していましたが、熱風でかわかすので火傷に注意しましょう。

使う時に注意が必要なのは、熱に弱い素材の場合は素材の変形や変色などの原因も考えましょう。

アイロンはどのように使うの?

アイロンを使用してシャツなどを早く乾かす場合は、半乾きの状態でアイロンを使用して干しておくといいです。

シワもなく、見た目も美しく自然乾燥でキレイに乾きます。
 

スポンサーリンク

洗濯物を早く乾かしたい!干し方のコツは?

洗濯物を素早く乾かすポイントは、適切な干し方です。

多くの洗濯物を一度に干すと、風通しが悪く湿度が上昇し、乾きにくくなります。

 

洗濯物を干す際には、適度な間隔を保つことでより迅速に乾かせます。

洗濯バサミがついたハンガーを使用する場合も、風が流れるスペースを確保し、詰め込みすぎない余裕のある干し方が良いでしょう。

洗濯物を早く乾かす方法とは?

洗濯物を乾かす家電を選ぶ際に考慮すべき要因はいくつかあります。

家電の種類では、エアコン、サーキュレーター、扇風機、ドライヤーなどが考えられます。

 

ご家庭によっては、エアコンの下で洗濯物を早く乾かすことが出来ない。

ドライヤーや扇風機はあっても、サーキュレーターが無いご家庭もあると思います。

 

そこで、洗濯物を早く乾かす一般的な選択肢とそれぞれの利点をいくつか挙げてみましょう。

洗濯物を早く乾かす一般的な選択肢

① 乾燥機(ドライヤー)

・速く効率的に洗濯物を乾かすことができます。

・多くのサイズと機能が利用可能で、異なる予算に合った選択肢があります。

・湿度や温度を制御して適切に乾かすことができます。

② 風乾燥

・自然の風と太陽光を利用して洗濯物を乾かします。

・エネルギー効率が高く、電気代を節約できます。

・環境にも優しい方法です。

③ クローゼット乾燥

・洗濯物をハンガーにかけてクローゼットや室内で乾かします。

・風乾燥と同様に電力を使わず、電気代の節約に寄与します。

・クローゼット内で洗濯物が乾くまで時間がかかることがあります。

 

選択肢の中で最適なものは、あなたのニーズと予算によります。

乾燥機は便利で速いが、電気代がかかります。

 

風乾燥とクローゼット乾燥はエネルギー効率が高いが、天候に左右されることがあるため、屋内で乾かすスペースや時間が必要です。

最終的に、あなたのライフスタイルと好みに合った選択をすることが大切です。

洗濯物が乾かない理由とは?

洗濯物の屋外干しは別として、なぜ室内干しでは中々乾かないのでしょうか?

それには理由があります。

室内干しは、日当たりが悪い

天気のいい日でも北向きの部屋などは、昼間でも日差しが入りません。

当然ですが洗濯物が乾きにくくなります。

寒くて気温が低い日

冬などの時期では室内の気温が低くなるので、衣類に含まれる水分が蒸発しにくくなり乾きにくくなります。

気温が高い方が水分が蒸発しやすいので、洗濯物が早く乾きます。

湿度が高くてムシムシする日

・湿度(相対湿度)が高い場合など

・空気中の湿度が飽和している場合

洗濯物は、室内の湿度が高いと乾きにくくなります。

気温で空気中に含むことが出来る水蒸気の量は増えたり減ったりします。(飽和水蒸気量)

 

それで、一度空気が飽和してしまうとそれ以上の水蒸気を含むことが出来なくなります。

その結果、洗濯物は乾きにくくなります。

洗濯物を乾かす条件はコレ!

洗濯物が早く乾くというのは、

 

洗濯物の「湿気」や「水分」がなくなること

 
洗濯物が早く乾くために必要なのは、下記の2つの条件がとても大事になります。

① 高い気温

② 低い湿度

このように、洗濯物が乾かないのは「気温」と「湿度」が大きく作用します。

 

天気の悪い日など洗濯物を室内に干す場合に大事なことがもう一つあるんです。

それが、です。

風が必要な訳とは?

洗濯物の衣類などから蒸発した湿った空気が周囲に停滞すると、とても乾きにくくなり遅くなります。

風があると、洗濯物の周囲の湿った空気を風により飛ばします。

湿った空気が乾いた空気に循環する事で、水分が蒸発しやすくなり洗濯物が早く乾きます。

 

記事のあとがき

雨の休日に一度に多くの洗濯物を取り組む場合、室内での干し場所が不足することがあるかもしれません。

その際、近隣に有料で利用できる乾燥機があれば、迅速で確実な解決策となるでしょう。

 

また、洗濯物を室内で干すことによる部屋の湿度上昇を避けたい場合、バスルームが適しています。

バスルームは通風が可能な設計であり、湿気の多い洗濯物を干すのに最適な場所と言えます。

お得な情報!ご存知?楽天カード作成で5,000円GET!

 

せっかくご訪問していただきましたので、あなたに耳寄りな情報のご紹介です。

 

楽天カードはお持ちですか?

 

今なら新規入会で5,000ポイントをもらえるキャンペーン開催中です♪

5000円の商品であれば実質無料になる、ポイントがGETできますよ!

 

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなどいろんな場所で使えます^^

また楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

 

楽天市場でお買い物をするなら必須とも言えるカードなので、ぜひ持っておきましょう!

>>> 楽天カードの新規作成はこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました