★ 本ページにはプロモーションが含まれています!

エアコンの掃除はいつする?自分でも簡単にできる方法と頻度は?

クーラー

快適な室内環境を維持するためには、エアコンの定期的なメンテナンスが不可欠です。

使いたい時にエアコンが頻繁に故障せず、正常に動作し続けるために、ご自分でも定期的なクリーニングが必要です。

 

エアコンの中を見てみると、驚くほどのほこりがたまっています。

このほこりが空気中に広がり、エアコンの性能に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、エアコンの掃除について考えてみましょう。

 

エアコンの掃除に関して、以下の点について調てみました。

・掃除はどのタイミングで行うべきか?

・適切な掃除の頻度はどれくらいか?

・自分で簡単に行える掃除の方法はあるのか?

 
この3つのもとに、エアコンの掃除やメンテナンスを効果的に行う方法について検討してみましょう。

エアコンの掃除はいつする?

エアコンの掃除はいつすれば良いのか悩みませんか?

アコンの掃除のタイミングはいくつかの要因に依存します。

一般的なガイドラインに従い、以下のタイミングでエアコンの掃除を検討してみてください。

エアコンを掃除するタイミングは?

エアコンを一番多く使う時期はいつなんでしょう?

夏の熱い時期 7~8月

冬の寒い時期11~3月

 

夏や冬の時期では、エアコンを朝から夜まで一日中使っている方も多いかと思います。

一日中エアコンを使っている方は、夏ならエアコンを停めると暑くて汗だくになるし、冬なら寒い中で掃除はきついですよね。

そこで、エアコン掃除に適した方法やタイミングを下記に考えてみました。

① 季節の変わり目

エアコンの掃除は、季節の変わり目に行うのが効果的です。

特にが適しています。

春は、4~5月の夏前にエアコンを清潔にし、冷房シーズンに備えましょう。

秋は、9~10月の冷房シーズンの終了後、暖房シーズンの前にクリーニングを行うと良いでしょう。

② 使用頻度に応じて

エアコンを頻繁に使用する場合は、定期的なクリーニングが必要です。

特にエアコンが毎日使用される場合は、2ヶ月に1回など、頻繁な掃除がおすすめです。

③ 異常なにおいや性能の低下を感じたとき

エアコンから異常なにおいがする場合や、冷暖房の性能が低下する場合には、掃除が必要かもしれません。

そのような症状が現れたら、即座にクリーニングを行いましょう。

④ フィルターの状態を確認

エアコンのフィルターは通常、2週間から1ヶ月に1度の頻度で確認し、必要に応じてクリーニングや交換を行います。

エアコンの掃除は、室内の空気品質とエアコンの効率に大きな影響を与えるため、適切なタイミングで行うことが重要です。

掃除の頻度を調整し、エアコンを清潔に保つことで、快適な環境を維持できます。

自分でも簡単にできるエアコン掃除の方法

エアコンのクリーニングには、主にフィルター、冷却フィン、および送風ファンの3つの主要な部位があります。

 

フィルターは取り外し可能で、手入れが比較的簡単に行えますが、冷却フィンと送風ファンはエアコンの内部に位置しており、取り外しは容易ではありません。

エアコンの掃除に市販のスプレーを使用してスムーズにクリーニングすることができれば、それが理想です。

ただし、エアコンは電化製品であり、自己修理が困難な場合もあるため、注意が必要です。

 

必要であれば、専門のクリーニングサービスを利用することも検討する価値があります。

まずは無料の相談と見積もりを取得することから始めることをお勧めします。

自分でも簡単にできるエアコン掃除のポイント

エアコンの掃除は、専門家による定期的なメンテナンスとは異なり、自分で行うことができる簡単な方法がいくつかあります。

以下は、自分でも実施できるエアコン掃除の基本的な方法です。

 

【 ポイントその1 】 フィルターの掃除

・エアコンのフィルターは最も重要な部分の一つです。

・フィルターは空気中のホコリや汚れをキャッチし、エアコン内部を清潔に保ちます。

・フィルターを取り外し、水道水で洗浄し、完全に乾かします。

・または、フィルターが交換可能なタイプであれば新しいフィルターに交換します。

【 ポイントその2 】 エアコン本体の表面の拭き掃除

・エアコンの本体表面にたまったホコリや汚れを柔らかい布やスポンジで拭き取ります。

・表面にこびりついた汚れは、中性洗剤を薄めた水で拭くことができます。

【 ポイントその3 】 ドレインパンの清掃

・エアコンの内部にはドレインパンがあり、ここに水がたまります。

・定期的にこのパンを取り外し、洗って乾かします。(カビや臭いの発生を防ぎます。)

【 ポイントその4 】 ユニット内部のホコリの掃除

・エアコンのユニット内部にもホコリがたまります。

・吸引機やコンプレッサーを傷つけないように、エアコン内部のホコリを掃除する際は注意が必要です。

・ブラシやエアコン用のクリーニングツールを使用して、内部のホコリを取り除きます。

 

これらの基本的な掃除方法を定期的に行うことで、エアコンの性能を向上させ、清潔な室内環境を維持できます。

ただし、エアコンの分解や高度なメンテナンスは専門家に依頼することがおすすめです。

スポンサーリンク

エアコンの掃除をする頻度は?

次に、エアコンの掃除頻度について考えてみましょう。

 

エアコンの掃除をする頻度は、設置環境によって異なる可能性があり、一般的な家庭用エアコンを例に説明します。

まず、掃除する部位ごとに検討してみましょう。

エアコンの掃除をする部位ごとと頻度は?

エアコンの掃除をする部位ごとと頻度は以下の通りです。

① フィルター

頻度: 2週間から1ヶ月に1度

・フィルターはエアコンの性能に大きな影響を与えるため、定期的な清掃が必要です。

② 冷却フィンと送風ファン

・頻度: 3ヶ月から半年に1度

・冷却フィンと送風ファンはエアコン内部に位置しており、フィルターと同じように頻繁な掃除は必要ありませんが、定期的なメンテナンスが重要です。

③ ドレインパン

・頻度: 3ヶ月から半年に1度

・ドレインパンは水のたまり場であり、カビや異臭の原因となる可能性があるため、定期的な清掃が重要です。

④ エアコン本体の外部

・頻度: 必要に応じて

・エアコンの外部は汚れやホコリがたまりやすいため、見た目が汚れた場合や性能に影響がある場合に清掃します。

これらの部位ごとの掃除頻度を守ることで、エアコンの性能を最適に保ち、清潔な室内環境を維持できます。

 

ただし、環境や使用状況によって頻度が変わることがあるため、状況に合わせて調整することが大切です。

スポンサーリンク

エアコン掃除のあとがき

エアコンの掃除の方法について調てみましたが、どうでしょうか。

 

エアコンはフィルターの掃除だけでも風の強さが変わり、快適な環境になることがあります。

常に清潔に保つことで最高の性能を発揮できるため、定期的な掃除やメンテナンスが重要です。

 

もし自身でのクリーニングが不慣れであれば、専門業者に頼むことを検討することも必要です。

エアコン掃除を専門業者にお願いする場合は、ネットで検索する場合には重要なことです。

必ず「地元の信頼できる業者にお願いしましょう!」

 

私はエアコンの掃除をしても調子が悪いのでネット検索して、業者に来てもらいました。

経験不足なのか?エアコン本体や室外機を調べても解らないのです。

それでも出張費を取られる羽目となり(直ってないから全額払えないと値切りましたが・・・)

業者に来てもらう場合には、注意深く選択しましょう。

 

エアコン関連記事

エアコン暖房の乾燥の対策してる?効率的な使い方と7つ方法は?

エアコン暖房の設定温度の適温は?電気代の節約と乾燥対策や効果がない原因のまとめ

 

お得な情報!ご存知?楽天カード作成で5,000円GET!

 

せっかくご訪問していただきましたので、あなたに耳寄りな情報のご紹介です。

 

楽天カードはお持ちですか?

 

今なら新規入会で5,000ポイントをもらえるキャンペーン開催中です♪

5000円の商品であれば実質無料になる、ポイントがGETできますよ!

 

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん、コンビニやドラッグストア、飲食店やガソリンスタンドなどいろんな場所で使えます^^

また楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

 

楽天市場でお買い物をするなら必須とも言えるカードなので、ぜひ持っておきましょう!

>>> 楽天カードの新規作成はこちらから

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました